フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

今日の空

今日の空
遠き山に日は落ちて

2011年8月29日 (月)

今日の空

今日の空
謎の物体

2011年8月25日 (木)

ウエから目線

不定期に、お店からメルマガを出しています。
ご興味のある方はブログ画面内のメール送信より、
「メルマガ希望」と書いて送ってください。
(できれば、お名前やニックネームもお願いします。
"メールアドレス"様で送るのはさみしいのでdespair)

今回のメルマガコラムはこちら↓↓↓
************************************************
「ウエから目線」

ホリスティック医学、という言葉を聞いたことがありますか?
この言葉だけを聞くと、西洋医学と、東洋医学、代替医療を統合させた、
全体の治療から見つめていく医学、
といったイメージを持ちますが
(私も最初、そうだと思っていましたが)、
実際には、身体という階層でなく、
人間という階層でさえなく、
もうひとつ上の階層からの、治療を見つめようとする医学、なのだそうです。

だから実際には確立されていないわけですが、
(人間が、人間より上から見つめるのはなかなか難しい…)、
私たちでも、その意味を多少実感することはできるのかな、とは思います。

例えば、なんだか気分が悪くなってしまった時、
外の空気に当たると、すっと気持ちが落ち着くことがあります。
また、風邪をこじらせて薬やら何やらじたばたした挙句、
あきらめた途端、急に良くなった経験はありませんか?
逆に、震災後何ヶ月か、体調を崩された方も多いかと思います。
頭痛がひどかったり、生理不順になったり、耳鳴りがしたり。
それはストレスからかもしれないし、地場(磁場)の乱れかもしれない。
外側からの、現代ではまだはっきりと定義できないなんらかの影響が、
人の健康状態を左右しているのです。
不定愁訴もまた、目に見える外因、自分の身体の中の原因だけでは、
なかなか解決できない問題です。

ホリスティック医学は、人間自身を閉ざされた個体ではなく、
「場」というものと捉えて、
自分という場が、いろいろな「場」と共有している、という考え方をします。
それを食で考えると、食事は、まさに日々の場の共有です。
共有するなら、よい共有を行いたいものです。
少なくとも、いつでもどこでもぼんやり食べているのでは、
ちょっともったいないですね。

外側から自分という人間を捉えようとトライすると、
(例えば天使になったイメージ、ハイアーセルフという言い方もありますね)
自分だけで何かをやっているんだという意識だと、
いろいろ損しているのが、少しわかってくるような気がします。
自分しかいない、という人間関係だけのスタンスで孤独を感じてしまう方も、
実際には日々瞬間、自分以外の何かと、共有、交換しているのですから
本当は全く孤独ではないと思うのです。

参考: 帯津良一「現代養生訓」
************************************************

※上の文章の、無断転載を一切禁止いたします
※コラムは、あくまで個人の視点で書かれたものです。体に異常を感じている場合は、専門家にご相談ください。

現在無料でメールカウンセリング中 食生活カウンセリング

2011年8月24日 (水)

今日の空

今日の空
親子

2011年8月17日 (水)

スイカに助けられてます

スイカに助けられてます
スイカ、キューリ、トマト、ナス
ここぞとばかりに、体を冷やす食べ物を食べましょう
冷房で冷やし過ぎると、せっかくの冷やす食べ物が楽しめなくなります

2011年8月 6日 (土)

今日の空

今日の空
目の前

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »