フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ベランダde干し柿 | トップページ | お顔と様子 »

2011年11月15日 (火)

チョコレート

市販の安いチョコレートを食べ慣れていると、
舌触り、甘み、味、"これがチョコレート"、
と自分の中で標準化されてしまいますが、

ちょっとたまには、高級と言われるチョコレート、
あるいは、クーベルチュールチョコでもいいので、
食べてみましょう。

そしてもう一度、市販の安いチョコレートに戻ってみましょう。

後に何か残る感じに気づきませんか?

安いチョコは、なんだか何かが、
舌にねっとりついている感じが残ります。
そこで、裏の原料を見てみましょう。
カカオやココア、乳製品、砂糖、などの他に、
"植物油脂"、って書いてあると思います。

ふーん、植物油ね、とそのままスルーしそうですが、
菜種油や、ごま油を想像すると、ちょっと違います。
ショートニングや、硬化油、マーガリンなどのことも、
「植物油脂」とまとめて表現しています。
本来チョコレートは、カカオバターがあれば、油脂をまかなえるものです。
(それ以外チョコと呼ぶなとも言いたいです)
でもそれですと(きっと)コストが高くつくので、
植物油脂を混ぜて薄めています。
それが、舌に残るネバっとした感じになるのです。

でも安いからいいんじゃない?と習慣化していると、
将来高く体に返ってくるかも、しれません。

日常使いのチョコなら、これなどはおすすめです。
森永カレドショコラ カカオ70
http://www.morinaga.co.jp/carre_de/

頑張って、カカオバターだけで油脂を補っています。
値段も手ごろですし、何より満足感があるので、たくさん食べずに済みます。

現在無料でメールカウンセリング中
食生活カウンセリング

« ベランダde干し柿 | トップページ | お顔と様子 »

本日の買物カゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060324/43022227

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレート:

« ベランダde干し柿 | トップページ | お顔と様子 »