フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

心と体

2012年3月 6日 (火)

痛み止め

昔は、頭痛がひどい時などは、
わざとすきっ腹に痛み止めを飲んで、
痛みを早く止めたりしていました。
痛みさえ止まればいいと思っていました。

何がきっかけかは覚えていませんが、
痛み止めをほとんど飲まなくなって大分経ちます。
生理痛はお腹をひたすら温め、
体が凝ったらお風呂屋にいき、
捻挫は緊急で戻さなくてはいけない以外は、
消炎剤を避けるようにしています。
頭痛は我慢します。
頭痛だけに言及すれば、薬を飲んでいた時より、
あきらからに頭痛が減りました。

ちょっと意外なのが、たまたま痛み止めの話になって、
飲まないというと、結構びっくりされることです。
そして、原始的な人間という顔されます。
別に強い信念があって飲まないわけではないのですが。
それだけ、痛み止めというのは、日々の生活に浸透しているのですね。

ただそのお陰で、「痛み」の経験値が増え、
いろいろな種類の痛みを分けられるようになりました。
本当はかゆみが原因の痛み、膿を出せば止む痛み、
疲れからの痛み、ちょっと真剣に取り組んだ方がいい危険な痛み…
多少痛みにも強くなったようです。
先日、意に反して歯をがりがり削られている時、じっとしていたら、
「痛くないの?」と意外な顔をされ、
神経に電気を通して神経が生きているか確認され、
ひどい思いをしました。

医学博士の安保徹先生のご本では、
消炎鎮痛剤こそ、病気の温床のように書かれていたかと思います。
血管を収縮させ、痛みをその場で消す代わりに、
やがて血流障害が起こり、どんどん患部が悪くなり、痛くなっていく、
鎮痛剤なしでは生活できなくなり、悪循環に陥り、
その血流の悪さで癌のような重い病も引き起こす。
というような、主旨だったと思います。
(すみません、遠い記憶で多少いい加減ですが、だいたい合ってます、きっと)

すんごい痛い時でも我慢しろ、は、へたれなので耐えられそうにありませんが、
結果的には、鎮痛剤を飲まないで過ごしてきたことは良かったようです。
体は自力を発揮しますし、多少の痛みにはある程度強く(鈍感?)なりますし、
痛みの限界も分かるようになります。
なにより、鎮痛剤を服用してきた時より、体調の回復のよさが明らかです。

飲むのを多少我慢する、価値はあります。

現在無料でメールカウンセリング中
食生活カウンセリング

2012年1月25日 (水)

あまり噛まないで食べてみる

ここのところの実験です。

食事の健康的王道といえば、
「よく噛むこと」
chick噛むことは脳を活性化させます。
chick噛むことは消化をよくします。
chick噛むことで満腹感が得られます。
chick噛んであごの力をつけましょう

こんな感じで、たくさん効能がよく言われていますね。
私も似たことを、どこかに書いた記憶もあります。

ところで五木寛之さんの
「養生の実技」
という本の中には、
よく噛まないで飲みこむことも、
胃を鍛えるのに必要だpunch!!
と断言しておられます。
言われてみれば、なるほど、
うーん、すごーく噛んでしまえば、
胃のやる事はなくなってしまうかもしれない。
口の中も大事だけど、胃も大事。

というわけで、あまり噛まないで飲むことを
しばらくしております。

…そうしますと、
最初は少々便秘になりました。
その後少しおなかを壊しました。
今は少しゆるいです…
って、便の話ばかりでごめんなさいpig
逆に言うと、胃や肌の調子などは、
特に変わったところはありません。
と、書きながら、あごを触ったら、
軽く吹き出物ができていました。
やはり胃が、多少不調を訴えているのかもしれません。

どちらにしても、
この方法は、
胃腸が比較的丈夫で、
もりもり働いてくれるタイプの人ならいいかもしれない、
と思いました。
水の吸収が悪かったりする、私のようなタイプは、
やはりある程度は、噛んで飲むのがよろしいようです。

と、とりとめもなく書きましたが、
結局何を言いたかったかというと、
一方で黒と言ったかと思うと他方では白というような、
様々な養生法がある中、
有名だからといって、頭で丸呑みしてのめり込んでしまうのは、
イマイチかな、ということです。

自分に合う、自分オーダーメイドの養生法を、
一生過ごす中で自分で見つけていくのが、
養生そのものだと思います。

医者にはいかぬ、
ダメになったらその時だ、
という潔い言葉。
(多分もう少し違った言い方です、
すみません、本は細かいところをすぐ忘れてしまいまして)

医者にいかぬその代わり、
自分で養生するというのは、
大変な道だ、というところは、
多いに同意できます。
私なんてほんとに、
養生したつもりがこんなことにcoldsweats02
また自分を誤解してしまった、
と思いつつ、日々自分と付き合っております。

そして私はまだまだ弱腰ですので、
ぎりぎりになると医者頼み、
こうして何故もっと早くこなかったかと、
医者に叱られます。
(で、医者嫌いがまた増すのですけど)

現在無料でメールカウンセリング中
食生活カウンセリング

2012年1月14日 (土)

今日の空

今日の空
知らない街

2012年1月 8日 (日)

養生してみる

本の紹介続いてみますbook

食養に興味がある人でしたら、
貝原益軒の養生訓は有名だと思います。
この養生訓から、マクロビオティックなり、二木式なり、
その他いろいろな食養生が派生します。

私自身は、原書を読みきったことはありません
(だって古文なんですもの)
でもつまみ食いのように、
ありがたいことにいろいろな人が訳してくださった、
現代訳の養生訓を読みます。

全てを生真面目に読んで、
丸のみするのは厳しいし、
今ですと、「それはどうかと…」って思うこともあります。
でも、食事や生活がなんだかぐだぐだになって、
そして何故だか立て直せない時、
読むとよいと思います。

私も時々思い出したように読んでみると、
多少身が引き締まります。

上の本はとても読み易いです。
たくさんのところから現代訳が出ているので、
図書館でいろいろ借りて、
読んでみるとおもしろいです。

現在無料でメールカウンセリング中
食生活カウンセリング

2012年1月 4日 (水)

素敵な歯医者さんに会いたい

昨年1年は、歯と歯医者さんに悩んだ1年でした。
一昨年末に、
噛み合わせを歯医者さんに少し直されたら、
なんと寝ているうちに前歯が折れましたcrying
元々弱っていた歯で折れやすかったですし、
決して人の悪い歯医者さんではないのですが…

その時の記事down
http://comfortgroceries.cocolog-nifty.com/comfortg/2010/12/post-4e9a.html

この記事は比較的ポジティブですが、
この後またいろいろあって、ネガティブモードが続きますshadow

話せばグチと共に長くなりますが、
差し歯にしたり、マウスピースを作ったりしているうちに、
何故だか、
歯全体が弱ってきた感じがします。
自分のせいか、歯医者さんが合わないのか、判断がつきません。

子供の頃から歯が弱いので、
どうしても歯医者さんにはお世話になります。
しかし、いつもびみょーに不信感ですspade
そしてこうして長い年月かけて、
削られたり、折れたり、神経抜かれたり、
少しづつ自分の歯がなくなり始めると、
余計、自分に合った歯医者さんを見つけたいです。

カミサマ、どうか解決したいのですfuji
と願っていたら、
本屋さんで、この本に会いました。
(初めてamazonアソシエイト使ってみましたよappli01)



この本を読むと、目からウロコ感覚とは違うのですが、
不審に思っていたことを、
歯医者さんがはっきり書いていられるので、
あぁやっぱり、そうだよね、
と、あきらめ気分で目をそむけていた歯医者さんの手法を、
もう一度考えることができます。

この著者である先生は、きっと私に合うのですが、
なんせ埼玉上尾で遠すぎますのでwobbly
この先生の会の会員の先生を、探してみようと思っています。
食を考える者としても、歯医者さん探しの旅は続く。。

現在無料でメールカウンセリング中
食生活カウンセリング

2011年11月30日 (水)

好きなものを好きなだけ

自由に食べるのが好き
という名目で、
食べたいものだけを
次々食べることは、
本当は自由ではないんです。

自由どころか、
食べ物の刺激に、
振り回されているだけの状態です。
自由は、
実は制約の本当の意味を知った後に存在すると
思います。(今のところ)
こう書くと、すごいがちがちの、
面白みのない食生活を思い浮かべる人がいますが、
制約の意味を知れば、今度はきっと何を食べるかは自分の自由なんです。

これって食事に限らず、
身体の使い方や、普段の生活など、
この世の掟な気がいたします。

現在無料でメールカウンセリング中
食生活カウンセリング

2011年11月19日 (土)

手作り

何故、出来合いのものばかり食べていてはいけないか。

カロリーも、栄養も考えられているし、
味付けも均一化されてる。
家の鍋が汚れることもないし、
洗うお皿の数も少なくてすむ。

でも、売られている出来合いは、
食べる本人のことを思って作られたおかずではありません。
下手すると、人間のことでなくて、
「コスト」や、
「どんだけ売れるか」
「食中毒の問題を起こらないようにすること」
だけを考えて、作られている可能性があります。

食べる本人のことを思われて作られた食事は、
いわばオートクチュール。
野菜を切ったり、お鍋を汚したりする間に、
見えないエネルギーも一緒に蓄えられていきます。
それが実は、その人の健康を保っていたりします。

見えないものを、侮るなかれ、です。

現在無料でメールカウンセリング中
食生活カウンセリング

2011年11月18日 (金)

お顔と様子

お顔や雰囲気は、身体の健康状態や、心の状況をよく表していますが、
それに加えて、普段どんなものを食べているか、
やはり出てしまうものだなあ、と思います。

それぞれの食べ物に見える質感が、
そのまま食べた人に出てくる。
だから、その人のなりを見ると、
食べたものが蘇るように感じるのです。

どこかの細かい食養法のように、
○○を食べたから、髪の癖が強くなった、
とかを、気にする必要性があるかどうかはともかく、
自分をどのように見せたいかを考えれば、
一度一度の食の選択を大事にする必要はあるでしょう。

現在無料でメールカウンセリング中
食生活カウンセリング

2011年11月13日 (日)

ベランダde干し柿

ベランダde干し柿
今年もこじんまりと干し柿をしています。
カラスを始めとする鳥ちゃんが狙うのでは、と心配しますが、
何故かいつも見向きもしません。
東京の狭いベランダで干し柿ですが、
空気はあまりきれいではありませんが、
それでも、ちょっとだけ何かをこさえてみることはいい事です。

それをケアする気持ち、過程のワクワク、
出来上がった満足感が全て体の糧になります。

2011年10月 4日 (火)

ダイエット

急に寒くなりましたねー。

店主はこの時期は、1年にほぼ1度のゼンソクに悩まされております。
でもどうも薬嫌い、医者嫌いが直らないので、
ぎりぎりまで頑張ってみます。
ゼンソクは我慢してるとどんどん呼吸ができなくなってくるので、
当然ながら、苦しい(笑)
でも、こうして苦しんでる中でも、どうすれば気管支をリラックスさせたまま、
肺に酸素を送ることができるのかとか、収穫もあります。
自分の身体を探ってみるのは、こんな時でも最近楽しいです。
(あ、ゼンソクの判断は各自ほどほどに。命に関わりますから)

さて、今日はダイエットについて。

体重を気にされている人は、
何かイベントがあるとダイエットに励み、
そのイベントが終わると「さあ好きなだけ食べるぞー」
と意気込み(?)、ふっくら元に戻る…(あるいは前より太る)。
これを繰り返していませんか?

食事は出来るだけ波を作らず、一定でいきましょう。

ダイエットという考え方、脳にしっかりこびりついて
現代ではなかなか取れないやっかいな埋めこみ思考ですが、
ダイエット中と、そうではない時期を作る習慣を、
まず捨てるところからが、本当のスタートです。

現在無料でメールカウンセリング中 食生活カウンセリング